読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゴルフ哲学

ゴルフ上達方法は、沢山ボールを打つ事ではありません。人が行うゴルフスイング動作は特別な動作ではなく、issueを特定し、知覚と意識に目を向ける事が上達には欠かせません。

このエントリーをはてなブックマークに追加

賢明である秘訣は、重要視しなくともいいものが何かを心得ることである。

視覚と聴覚

接客を行うサービス業などに従事しているビジネスパーソンならば、メラビアンの法則を知っていると思うが、社員研修などでも活用されている。

情報の多くを視覚と聴覚から得ているとの概念だが、インターネットでこの法則を検索すれば、賛否両論が溢れている。

どう解釈するかは人それぞれだが、現代社会では、人の感覚が衰退しつつある現状には異論がないのではないだろうか。

このことは、現在でも伝統社会で生活をしている人達と比較すれば明らかだろう。

子供の老眼が増加していたり、普段の生活では危険予知能力もあまり必要がなくなっている。

耳にはヘッドホーン、視線はスマホ画面。

現代人は自ら感覚を鈍くさせる生活を普段から強いられているのか、望んでしているのか。

動物としての本能や感覚は、環境によって大きく左右される。

感覚を必要とする動作は、自らが意識していなければ、現代の生活環境では衰えてしまうだろう。

 

スポーツなどの動作では、感覚は絶対条件である。

ゴルファーにとって、ゴルフの上達にも大きく影響を及ぼす。

伝統社会で生きる狩猟採集が必要な人の視力や聴力が、元来人が備え持った感覚だろう。

しかし、スポーツは視力や聴力が平均値より上位である必要はない。

弓道ライフル射撃などはその必要があるであろうが、ゴルフでは重要とは言えない。

必要なのは、数値では表すことが出来ない知覚である。

スポーツビジョンの第一人者である視覚情報センターの田村知則氏は、”いい眼=視力ではない”と言う。

newspicks.com

視力は平均値以下と言われるイチロー選手を例に、イチロー選手はどういう眼の使い方、見方をすれば、身体の反応につながっていくのかを意識していると説明している。

このことは、野球以上にゴルフに当てはまるのではないかと思う。

野球などはゲーム中、目標物となるボールは常に動いている。

ボールを動かすのは人で、ボールを動かす人の動作やボールの動きを見ることでその対象者は、動作に入るきっかけを得ることが出来る。

ゴルフはどうだろう、目標物であるボールは常に止まっていて、ゴルファー自身が動かす意思を持たなければ動くことはない。

周りの環境に動くものがあれば、意識をその動きに合わせて、次の動作に入りやすいがゴルフの場合は全く逆で、周りに動くものがあれば集中できない。

ボールは止まっているし、動作を合わせる相手もいない。

多くの人は、動いているボールを打つより止まっているボールを打つ事が容易と勘違いする。

動作は動いている何かに合わせることのが、動くきっかけも掴み易く、初動がスムーズに行えれば、意識も次の動作に移すことが容易となる。

動くものに合わせることが動作をスムーズにさせるので、ゴルファーは無意識にその対象を探す。

その対象となる唯一の”もの”はクラブヘッドになる。

バックスイングでクラブヘッドを真っ直ぐに引くのが良いと言われ、実行しているゴルファーは要注意である。

一時的に動きはスムーズにはなる。

視線だけでクラブヘッドを目で追っていた動きが、気が付かぬ間に徐々に大きくなり癖となり、やがてスイングバランスを崩す原因となってしまう。

ミスショットの原因が、ボールをインパクトで見ていないから、ヘッドアップ(死語となるべき単語)しているからと言われ、スイング動作中ボールに意識を集中すれば間違った見方となり、スムーズな動作は損なわれる。

動作の初動をスムーズにさせる方法として、ワッグルやフォワードプレスがある。

意識的に取り入れてもいいし、無意識に取り入れている場合もある。

動作をスムーズに行うには、反動を利用する方法が最も一般的である。

反動を利用してスムーズな動作を体感、取り入れるには素振りが一番効果的と言える。

素振りとは、実際の動作を再現することではなく、プレショットルーティンに取り入れて実際のスイング動作で打つ飛球のイメージを膨らませる行為である。

素振りをして、素振りと同じように実際のスイング動作が出来るようにと考えても意味はない。

ツアープロのルーティンの際に行う素振りを観察すれば明らかだが、一度クラブヘッドを目標方向に送ってから動作をしていたり、連続してスイング動作をする。

その動作を観察すれば、これから打つ飛球のイメージが表れている。

回数を決めている場合もあるが、素振りの間にイメージを固めれば次の動作に入れる。

割とローハンディのゴルファーに多いのが、コースラウンドであっても打つ前に素振りをしないゴルファーやトーナメント会場でのレンジ練習で素振りをしないツアープロは多い。

心を落ち着かせたり、身体の状態を確認する必要がなければ素振りは必要がないのだろう。

プレショットルーティンの段階で、目標に対する意識を持っているのか、ボールに意識がいっているのか、その動作を見れば解ってしまう。

ツアープロと一般ゴルファーでは、ボールに対する意識が全く異なる。

一般ゴルファーの多くは、クラブヘッドにボールを当てることに集中する。

故に、素振りに時の視線は地面に向けている。

地面を見ながらクラブヘッドの通り道を確認することに集中すれば、目標にボールを飛ばすイメージなど出来ない。ここに気が付かなければ、ゴルフスイング動作に対して何をどう意識してもスムーズな動作にはなり得ない。

又、一般ゴルファーはバックスイングに意識が向かいやすいので、素振りでも意識に合わせて、視線と顔の向きが目標とは反対方向に動く。

意識は動作のイメージを描き出すので、バックスイングに対する意識が過剰となるとイメージは立体にはならずに、平面なイメージになる。

そして、そのイメージが動作となるので平面な動作は、力感のないスイング動作となる。

 

ゴルフにも共通する事で、ベテランドライバー(上級者)と初心者、普段あまり車の運転をしないドライバーを比較すると、視線の動かし方に大きな差があるという。

ベテランドライバーの視界は広く、常に視線は動いている。

一方で初心者ドライバーの視界は狭く、1箇所に視線が固定される時間が長い。

どこを見るではなく、見方の問題でもある。

集中力が高い状態とは、周りが良く見えて、1箇所に視線を固定させるのではなく、聞く必要がある音だけが音として認識できる状態である。

集中できていない状態は、この逆である。

 

『賢明である秘訣は、重要視しなくともいいものが何かを心得ることである。』

ウィリアム・ジェイムズ「心理学」より~

われわれは自らが繰り返し行うことの産物である。

出来なかったことが、出来るようになる瞬間とはいつ、どの様にして訪れるのだろうか。

ビジネスの世界であれば、仕事が出来る人は仕事の処理能力の高さが求められるだろう。

処理能力が高いとは、与えられた仕事をさばく能力ではないであろう。

段取り良く何かに取り組む人を見れば、処理能力が高いと勘違いしやすい。

今後求められる能力として、深い専門知識なのか幅広い知識を有しているのか、どちらの人が未知なる社会で生き残れるのか問われている。

続きを読む

事実というものは存在しない。存在するのは解釈だけである。

事実と解釈

商品開発をして、市場に投入し支持されれば、マージンが発生する。

受け入れられる市場があれば、その市場に商品を投入して恩恵を受けたいと考える。

行動心理学のバンドワゴン効果やハロー効果は、付加価値があるのか疑わしくても大衆心理で受け入れられ、人々を不合理な行動に掻き立てる。

ゴルフ関連商品にも多く見受けられるが、技術向上を謳う商品は、効果測定に手間と時間がかかるので、なかなか認知されにくい。

続きを読む

商売とは感動を与えることやな。

発信と受信

情報について考察してきたが、遠回りせずに身に付く情報を得るには、どの分野にしてもマネージメントは”誰かに”任せるのが得策という結論となるのか。

最後に、経営の神様と言われた方の”珠玉の言葉”に耳を傾けることとしよう。

故・松下幸之助氏の側近を長く務めた江口克彦氏は、東洋経済に連載執筆している記事の中で、松下氏が取材の質問で”指導者”の条件を問われた時に答えた言葉に感銘を受けたと振り返る。

続きを読む

情報の95%以上はオープン情報だ。

信用度と信憑性

当たり前の話ではあるが、インターネット利用者の95%以上の人が、情報収集に利用する媒体として、インターネットと回答する調査があった。

総務省発表によると、2015年末日本のインターネット利用普及率は、83%となっている。

続きを読む

自分の経験から学ぶより、他人の経験から学ぶほうがベターなのだ。

自力と他力

一般ゴルファーにとって、ゴルフ上達には何が必要なのか?!

プロフェッショナルゴルファーには、データ解析とコーチの存在は、選手として稼げる時間を長く保つには、欠かせないだろう。

では、一般ゴルファーにとっての上達に欠かせないアイテムとは何だろうか。

続きを読む

専門性の高いプロフェッショナルサービスは、対話が基本

対話と機械学習

なぜ?!ゴルフプレーの頂点に立つプロフェッショナルゴルファーは、スイングコーチが必要なのか。

400mハードルの日本記録保持者で、スポーツコメンテーターの為末大氏が予防医学者の石川善樹氏との対談で選手のパフォーマンスについての記事を、以前紹介したが、為末氏だけでなく、同じ陸上競技でオリンピック銅メダリストの朝原宣治氏もパフォーマンスの再現性、感覚、分析さらに感覚の言語化について語っている。

gendai.ismedia.jp

続きを読む

稽古は強かれ、情識はなかれ

習い事と稽古

習うの語源は、学ぶの語源と同じで学ぶ=真似ぶ、習う=倣うと言われる。

日本の伝統芸、伝統工芸などの職人の世界では、師匠と弟子の関係は、技術は目で見て盗めとか、習うより慣れよの諺が言い伝えとしてある。

ビジネスやスポーツ指導の世界では、ティーチングとコーティングの違いが取り沙汰される。

コーチングスクールの解釈によれば、

コーチングとティーチングの違いって? | NLPコーチング協会

端的に解釈すれば、ティーチングは教えることが主体で、コーチングは能力を導き出すこと。

続きを読む

予想外のことが起こるので、その時にうまく対応できるかどうか。

今と昔

人は何かの目的を達成する為に道具を作り、その道具を使い、進化させてより使いやすく改良を繰り返し、人間社会は発展してきた。

商業目的と顧客ニーズが一致すれば、存在する市場で受け入れられる。

 どの市場でも同じと思うが、新しすぎればなかなか受け入れられず、現状あるものでも少しの改良で、欲を刺激するものであれば歓迎される。

また、人の心は得てして、熱しやすく冷めやすい。

そして、消費に関しては、合理的に物事を考える人でも、不合理になりやすい。

心理学と行動経済学の教授であるダン・アリエリー氏は著書「予想どおりに不合理」の中で、人は何でも比較して選択したがるが、比べにくいものは無視する傾向があると言う。

続きを読む

腕はできるだけ後ろに長く保て。

ロングゲームとショートゲーム

飛距離とは対極にあるのが、方向性で、方向性はスコアを良くするための重要なファクターと考え、飛距離を諦めてしまうゴルファーは多いかもしれない。

ドライバーの飛距離が出ないから、アプローチやパッティングの技術に磨きをかける。

ドライバーの飛距離UPに費やす時間をアプローチやパッティングに当てれば、その効果としてスコアUPには繋がるであろう。

ゴルフの魅力は、どの球技よりもボールを遠くに飛ばせることで、どんなゴルファーでも、ゴルフのし始めは、ボールが遠くに飛ぶことに魅了され、飛距離を追求する。

やがて、コースでのプレーを経験して、飛距離よりスコアを良くすることに意識が向かって、ショートゲームが肝要であることに気付く。

 ショートゲームを多く練習に取り入れれば、ドライバーのスイング動作とウエッジ、パターを使った動作では、動きが違うと感じるようになる筈である。

飛距離は、クラブヘッドが描く軌跡となるスイングアークが大きければ得られると考えがちであるが、ドライバーだからと言って、動作を大きくしてしまえば、反対に飛距離は出なくなる。

続きを読む

球を何百球打つよりも、この18ホールのが重要。

力点と飛距離

グローバル企業であるゴルフクラブ製造販売メーカーは、製品開発の段階で、日本市場の動向を注視していると言われる。

日本がものづくりの先進国であることと、日本人ゴルファーの買い替え需要が高いこと、商品に対しての要望が高いことが挙げられる。

恐らく日本人ゴルファーだけでなく、世界共通と考えられるが、商品に対する要望の上位には必ず、ドライバーの飛距離がランクインするであろう。

そして、飛距離不足に悩み、飛距離アップを望むゴルファーは多い。

何かを楽しむことは、楽をする事でもあるので、ドライバーの飛距離に満足できれば、楽しく、楽にスコアを縮められると考えられる。

続きを読む

行動するきっかけを逃すな。

きっかけとスイッチ

『行動するきっかけを逃すな。』 ~心理学者 ウィリアム・ジェイムズ

 

あなたの得意なクラブは?!

経験豊富なゴルファーなら、一度ぐらいは受けた事のある質問ではないだろうか。

質問する側には、何ら意図のない事が殆どと思うが、ゴルフコースでプレーをしていて得手不得手は、上達していく段階で出てきても不思議ではない。

誰もが、通る道かもしれない。

一般的なレッスンでは、レッスンのし始めは、アイアンから行う。なぜだろう。

続きを読む

癖というものは抜けないものだ。おまえの特性の方を伸ばせばいいのだ。

役割と特性

ヨハン・W・V・ゲーテの言葉

『癖というものは抜けないものだ。おまえの特性の方を伸ばせばいいのだ。』

 

右利きのゴルファーであれば、腕は左腕を主体にしたスイング動作がいいとされる。

その根拠としては、左腕は構えた時に目標側にあり、動きをリードする役目だから。

著名なプロゴルファーでも、シーズンオフで左腕を強化するトレーニングを取り入れたり、日常生活で左腕を主体に使うことを心掛けながら、左手の感覚を磨く。

続きを読む

複雑なものを手際よくシンプルに表現する。それが独創性というものだ。

複雑と単純

上肢関節は、12通りの動きがあり、ゴルフスイング動作に必要な上肢の関節動作を組み合わせて考えると、非常に複雑な動きとなってしまう。

下肢関節も上肢関節と同じ12通りだが、上肢に比べるとスイング動作で意識する部分は少ない。

下肢の動きは、ゴルフスイング動作にどの様な、役割となるのだろうか。

腰を回転させる、腰を切る、股関節を入れるなどの表現がよく使われる。

ゴルフコースでのプレーと練習場でのプラクティスでは、環境が違いすぎて練習場で出来たことが、コースで出来ないゴルファーが実に多いことだろうか。

その様なゴルファーの特徴は、足の裏、足の指を上手に使えてないので、バランスよく最後までスイング動作を完結できない。

続きを読む

創造するということは、過去の体験や記憶を、組み合わせを変え、結びつきを変えて、アウトプットすることです。

左腕と右腕

左腕と右腕の役目は違うのか、腕は具体的にどのようにして使うのか。

グリップに力が入り過ぎている、腕の力を抜かなければ、左腕を真っ直ぐ伸ばしてバックスイングをする、左肘がインパクトで引けているなど、腕に関する教えは、具体性に欠け、現象だけをフォーカスする説明が散見される。

腕を使う意識を出来るだけ排除して、体幹の動きを主体としてスイング動作をしましょうと言われても、ゴルフクラブは手で握りその延長線上に腕があるわけだから、腕を使うことなくクラブを振ることなど出来ない事は、多くのゴルファーは気付いている。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加