読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゴルフ哲学

ゴルフ上達方法は、沢山ボールを打つ事ではありません。人が行うゴルフスイング動作は特別な動作ではなく、issueを特定し、知覚と意識に目を向ける事が上達には欠かせません。

このエントリーをはてなブックマークに追加

創造するということは、過去の体験や記憶を、組み合わせを変え、結びつきを変えて、アウトプットすることです。

左腕と右腕

左腕と右腕の役目は違うのか、腕は具体的にどのようにして使うのか。

グリップに力が入り過ぎている、腕の力を抜かなければ、左腕を真っ直ぐ伸ばしてバックスイングをする、左肘がインパクトで引けているなど、腕に関する教えは、具体性に欠け、現象だけをフォーカスする説明が散見される。

腕を使う意識を出来るだけ排除して、体幹の動きを主体としてスイング動作をしましょうと言われても、ゴルフクラブは手で握りその延長線上に腕があるわけだから、腕を使うことなくクラブを振ることなど出来ない事は、多くのゴルファーは気付いている。

続きを読む

思考は極端なるものによってのみ進むが、中庸なるものによってのみ存続する。

中間と応用

クラブヘッドをターゲットライン上で、振子運動として動かせば、クラブのロフトはどの様に変化するのが最適だろうか。

パッティングのストロークは、クラブヘッドをターゲットラインに沿って動かすのが、安定したボールの転がりを可能とする。

他のクラブは全て、体幹の動きに伴い、構えた時にクラブヘッドの起点となる位置から徐々にターゲットラインから外れ、弧を描く振子運動となる。

続きを読む

目に見えるものだけに囚われてはならない。

平行と垂直

体幹動作を速くしても、クラブヘッドスピードは速くならない。

ボールに対して、クラブヘッドを強く当てても飛距離は出ない。

体幹の動きに合わせて、腕の関節を、どの段階でどのように使うのか理解すれば、クラブにあった適正な打撃角度と、リリースのタイミングを身に付けられる。

ゴルフスイング動作は、プレスイングと初動によって、その後の動作が単純となるか、複雑となるかが決まる。

続きを読む

人体の動きを理解しながらプレーをする。

横と縦

人の身体は、年齢を重ねることや、動かさないことで筋肉や筋が硬直したり、疲弊して活性酸素が大量に発生することによって動作がスムーズでなくなる。

運動習慣のない人が運動をすれば、筋肉痛などの痛みを伴うこととなったり、加齢に伴い、動作がスムーズさを失うことは、何かきっかけがないと気付かない。

全身が筋肉痛となったり、身体のどこかに局部的な痛みを感じている状態でくしゃみをすると、上半身と下半身の離れた部位が、同時に痛むことで、体の繋がりに気付かされる場合がある。

続きを読む

道の道とすべきは常の道にあらず。

体幹と腕

ボディターンなのか、手打ちなのか。

ボディスイングなる言葉は、ゴルファーなら何度でも耳にする。

デビット・レッドベター氏の著書「ザ・アスレチックスイング」が出版されたのが、1992年。

著書の中にある、ボディターンという言葉は、センセーショナルだった。

ザ・アスレチックスイングから25年経て、新たに「The A Swing」を出版したレッドベター氏。 

The A Swing: The Alternative Approach to Great Golf

The A Swing: The Alternative Approach to Great Golf

 

レッドベター氏が提唱する「Aスイング」とは、今までのスイングに代わる、もう1つのスイングを意味しているとのことだが、何が新しいのかよく解らない。

続きを読む

結果を正当化する何かがある限り、その結果は、手段をも正当化しかねない。

飛球結果と法則

飛球結果は、動作を行う段階ではなく、プレスイングの段階でイメージする必要がある。

飛球法則で定義する9種の弾道は、クラブヘッド軌道、インパクト時のクラブフェイス角度、打点位置の組み合わせによる結果で、弾道は9種類となる。

 スイング動作で、飛球結果が変わるのは明確で、目標方向に対して、真っ直ぐから右の許容範囲まで、若しくは、左の許容範囲までと決めて、一定方向の飛球を打てる動作を身に付ければ、コース戦略が容易となる。

飛球方向が、右と左では、動作とクラブの動きは逆となるので、その違いを明確にすることによって、突発的出来事に落ち着いて対処できる。

続きを読む

構えあって、構えなし。

視覚と距離

日常生活では、無意識に物に対して距離を測っている。

主な感覚器官は、視覚であろう。

 誰に教わる事もなく、物に対して距離を測り、対象物を凝視しなくても、手に取る事が出来る。

この距離感覚は、本能と言っていいだろう。

続きを読む

手考足思

支えると押さえる

武道や格闘技をはじめ、多くのスポーツ競技には構えと言われる過程がある。

この構え、アマチュアとプロフェッショナルの違いを端的に表す指標となる。

ゴルフの場合、グリップを見ればハンディキャップが判断出来るとも言われる。

古くからグリップは、図解や写真を利用して解説入りでレッスン書に散見される。

親指と人差し指で出来たVの字はどこどこを指す、クラブを握って左手のナックルがいくつ見えるか、オーバーラッピングがいいのかインターロッキングのがいいのか、ショートサムなのかロングサムなのか、小鳥を包み込むような強さなど枚挙にいとまがない。

続きを読む

思考する者もいれば、行動する者もいると言うが、真の人間の条件とは、手で考えることだ。

摘まむ動作と握る動作

道具を使って行う競技は、多種多様であり、ゴルフと同じカテゴリーになる球技にも多くの種類があるが、数ある球技の中で、ゴルフの様な道具の握り方で動作を行う球技が、他にあるだろうか。

何が、どの様に違うのか。

続きを読む

われわれの意識は、日常では脳の働きの5パーセントしか使っていない。

潜在記憶と顕在記憶

意識の概念を分けて考え、最初に提唱したのは、心理学者ジークムント・フロイトである。

フロイトは、意識は3段階の構造で構成されていて、意識、前意識、無意識と定義した。

その後、無意識を2段階に分けて考えたのが、心理学者カール・グスタフユングである。

それが、個人的無意識と普遍的無意識となる。

そして両者ともに、意識に占める大半が、無意識の領域であると言っている。

フロイトユングは共に精神科医であり、心理学者といわれる。

続きを読む

動作のほうは意思によって直接に統制することができるが、感情はそうはできない。

意識と動作

ゴルフルールは、ゲームの連続性が途切れてしまった場面に直面した時、ゲームを円滑に進める為の重要な役割がある。

ゴルファーは、ルールを細部まで記憶する必要はなく、頻度が高くなる措置の仕方を覚え、ゴルフコースには必ずルールブックを携帯すれば困らない。

ルールブックを開けば、措置の仕方が記載されているので、同伴競技者と協議し、ルールに従い措置すれば、ゲームをスムーズに進行する事が可能である。

又、同伴競技者と解釈が異なった場合でも、その場では2通りの措置を行い、プレー後に再度、協議、検討しお互い同意した措置のスコアを採択すればいい。

続きを読む

疲れたと感じたら、考えない、思わない。

きっかけと切替え

日本人と比較して、欧米人はONOFFの切り替えが上手と言われる。

これは、日本人だから欧米人だからではなく、社会環境、文化の違いによると感じる。

Vacances(バカンス)日本語に翻訳すれば、休暇となるが、語源は空白。

続きを読む

常に原理原則に基づいて判断し、行動しなければなりません。

量と質

ゴルフのツアープロが、表舞台から姿を消す理由は何だろうか。

ゴルフ競技は、他のメジャースポーツより、長く活躍出来る舞台が整っている。

レギュラーツアーで活躍できなかった選手が、50歳を迎えてシニアで活躍する場合もある。

それに、体力的な限界点が、他の競技に比べ高いのも特徴と言える。

それでも、ケガや成績不振で退場を余儀なくされる。

ツアープロだけでなく、一般ゴルファーでもクラブを握る事を諦めねばならない厄介なことがある。

続きを読む

人間というものは、自分が恩恵を受けたたくさんのことを、それを思い出そうとしないと思い出せないものである。

意識と時間

人は社会生活を送っていれば、成果を期待する。

練習してきた事、努力した結果が認められる事に喜びを感じる。

有名なマズローの欲求5段階説で言う所の、承認欲求である。

日本のゴルフコースでは、一人だけでプレーする事は、通常不可能である。

また、ゴルフゲームの特性上、一人より複数人でのプレーが充実した時間を過ごせる。

ゴルフを日常的とは言わなくとも、定期的に楽めるゴルファーは社会的に恵まれているであろう。

続きを読む

潜在意識をいつも正しく働かせておくためには、意識する心でいつも最善を期待し、また自らも正しいと確信を持てる思考と行動をするよう心がけなければなりません。

認知と確証

人は読むこと、聞くことで知り、興味を持ち、体験することで、その事象を認知したと言える。

新聞、ラジオしかなかった時代、実体験をした人の話を聞くことは貴重で年長者は尊敬された。

テレビと言うメディアが一般家庭にも浸透し、そこに見ると言う行為が加わった。

テレビを点ければ、行ったことない場所、食べたこともない物を見ることが可能になった。

テレビを見れば、バーチャル体験する事が出来るようになり、人は見て聞くことで自分が体験した気分に浸れることを知ってしまった。

その気になり、自己満足するだけなら害はないが、体験していないのに、その事象に対し評価する立場となり、テレビで取り上げられる事が共有の話題となった。

テレビ時代からインターネット時代となり、バーチャル世界は人々の思考の中に深く入り込む様になり、評価が瞬時に拡散される世の中となった。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加