読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゴルフ哲学

ゴルフ上達方法は、沢山ボールを打つ事ではありません。人が行うゴルフスイング動作は特別な動作ではなく、issueを特定し、知覚と意識に目を向ける事が上達には欠かせません。

このエントリーをはてなブックマークに追加

すべての知識の拡大は、無意識を意識化することから生じる。

金属製ヘッドが一般ゴルファーに認知される以前、ドライバーは特別なクラブではなかった。 ゴルフは飛べば有利との認識も、今ほど強くはなかった。 ボールの曲がりであったり、高低差のある飛球を打ち分けたり出来る事が、上級者であった。 ボールの性能(糸…

The Power of the Golf Ball(ゴルフボールは世界最強のツールだ)

ゴルフスイングは、ゴルフクラブの動きとヘッドがボールを捉える過程をイメージする事がとても重要である。 インパクトの瞬間 タイガーウッズのダウンブロー インパクトの瞬間 ドライバーのインパクトは、クラブヘッドが振子運動中の最下点以降である。 フェ…

Demonstrably Superior & Pleasingly Different〈明らかに優れていて、その違いを楽しむことができる〉

ウッドクラブのメタルヘッドが登場して、木製ヘッド(パーシモン)がゴルファーの前から消滅していく中で、メタルヘッドへの切り替え波及効果に火をつけ加速させた立役者が、キャロウェイのビックバーサであろう。 キャロウェイ社から最初に発売されたメタル…

世界に伍するには、いかにドローボールをコントロールできるかだ。

世の中の技術革新はゴルフ市場でも起き、ゴルフ市場に於けるミクロ環境でも様々な変革が起こり、ゴルファーの要望に応えるべきアイデア商品が多く生まれ消えて行く。 ゴルフ関連市場では、ドライバーヘッドの変革により、大型化が急速に起きた。 それに伴い…

諸物の多様さと混乱のうちにではなく、つねに単純さのうちに真理は見出される。

ゴルフメーカーがクラブ開発で必要不可欠なのが、スイングロボット。 ゴルフロボット.wmv 映像を見ると、胴体部分の軸が回転して、回転部分の中心に第2の回転軸があり、クラブのグリップの近くに梃の動きをする第3の軸がある。 3つの軸がうまく調和して、…

問題の本質を理解すれば、解決方法はすぐに導き出せる。

ゴルフクラブの役割を知り、特性を知り、ゴルファー自身の癖を認識し、癖がもたらす現象(結果)を認める事で何に取り組むべきか見えてくる。 ゴルフプレイ其の物の行為は非常に単純だが、道具を使う事によって複雑になっている。 全てのクラブの取り扱い方…

智恵があり、理があり、道があり、人の心は空となる。

ドライバーはなぜ、ティアップして打つのだろうか?! 多くの人は、先人が当たり前の様に、行っている事に疑問を感じずに真似をする。 何かを覚えるのに真似る事は、近道となる。 疑問に思うことは、時に遠回りとなる事もあるが、本質を見抜く力を付ける事が…

芸術が目指すのは、ものの外見ではなく、内にある本質である。

ゴルフクラブには、役目がある。 クラブを大別して考えれば、理解できる。 1.ドライバー2.サンドウエッジ3.パター4.その他のクラブである。 そして、上記に大別したクラブには、役割と特性がある。 それを理解した上で、どの様にして取り扱い、どの…

賢者は複雑なことをシンプルに考える。

ゴルフには、明確な目的がある。 ゴルフは単なる遊びと言う側面と、ゲームと言う本質がある。 ゲームを成立させるには、ルールが必要となる。 ゴルフルールの原則は、あるがままにプレーする、1つのボールでプレーする、ホールアウトする。この3大原則から…

人のまねをせずに、その身に応じ、武器は自分の使いやすいものでなければならぬ。

道具を使う行為は、その道具から多くを学ぶ。 道具を使いこなすには、道具を知る必要がある。 道具を知ることによって、自分に合った道具に出会う事が出来る。

真実の追求は、誰かが以前に信じていた全ての”真実”の疑いから始まる。

The search for truth begins with the doubt of all ‘truths’ in which one has previously believed. ゴルフの目的は、ゴルフクラブと言う道具を使って、目標に向かってゴルフボールを打つ。 この単純明快な行為を続ける。この行為が全てである。 ゴルフ規…

完璧な仕事をする人間は まず、道具を磨く。

道具を作ることを発見した人間は、様々な生活に役立つ道具や遊ぶ為の道具を作り出してきた。 道具を使うことは、人類のDNAに刷り込まれてきた。 道具には必ず、使用目的が存在する。 人は道具を見て、触って、使用目的を認識して、その道具を使い やがて…

You can take a horse to the water, but you can’t make him drink.

ゴルフレッスンを希望する方に対して思うことは、何を求めてレッスンを受けようと思ったのか。まずこの事を考える。 初心者の方の目的は、曖昧なことが多い。 経験者の方は、目的がはっきりしている方が多い。 本人に自覚症状があって、目的意識がはっきりし…

物事とは、 聞いた後に忘れ、 見た後に覚え、 やった後に理解するものだ。

わたしは、ゴルフを教える事を生業として、10数年経つが、自分が経験した事のない事や自分が出来ない事を、相手に伝える事など出来ないと肝に銘じている。 ツアープロコーチのほとんどが、自分より実績のある選手を指導する。 ツアープロがコーチに求める…

多聞なればしばしば窮す。中を守るに若かず。

ゴルフ界では、多くの著名な先人達が、多くの名言や良書を残した。 そんな中、ゴルフレッスン書のバイブルと言われるのが、モダンゴルフであろう。 故ベン・ホーガン氏の傑作。 わたしもゴルフを始めた頃、大いに参考にした。 何度も何度も読み返し、理解し…

疑いは知の始まりである。

今の時代当たり前と思ってやってきた事が、間違っていたという事が 色々な分野で多くなってきてはないだろうか。 ゴルフの起源は諸説あるが、歴史上確かなことは、1800年代にヒッコリーシャフトのクラブが出来て、量産可能なボールが出来て、1860年…

我思う、ゆえに我在り。

フランス人哲学者と言えば、ルネ・デカルト。 フランス人は日本人より哲学との関わりが深い。 よって、フランス人はよく喋る。 『ちいさな哲学者たち』 予告編 ビギナーズラックと言う言葉がある。 大した知識を持ち合わせることなく、行動を起こした結果に…

無知の知

ゴルフ業界で四半世紀以上携わってきて、何か形になるものを残し、誰かの参考になれば幸い、備忘録であり気付きの存在でありたい。 ゴルフ場研修生➡輸入商社での輸入クラブ等の営業、自社製品の開発➡ゴルフインストラクター、インストラクター養成講座講師➡…

このエントリーをはてなブックマークに追加