ゴルフ哲学

ゴルフ上達方法は、沢山ボールを打つ事ではありません。人が行うゴルフスイング動作は特別な動作ではなく、issueを特定し、知覚と意識に目を向ける事が上達には欠かせません。

このエントリーをはてなブックマークに追加

我思う、ゆえに我在り。

 フランス人哲学者と言えば、ルネ・デカルト

フランス人は日本人より哲学との関わりが深い。

よって、フランス人はよく喋る。


『ちいさな哲学者たち』 予告編

ビギナーズラックと言う言葉がある。

大した知識を持ち合わせることなく、行動を起こした結果に起こる副産物だ。

当然、長続きはしない。

ゴルフでも、初めてクラブを握るのに綺麗なスイングで

素晴らしい弾道のボールを打つ方を、稀に見る。

 

子供の頃、聞かされたイソップ寓話「うさぎとかめ」

どんな天才でも、自分を見失ってしまったら、コツコツ続けている人には勝てない。

 

うさぎタイプの人で、壁にぶち当たってしまった人。

突然のスランプに陥ってしまった人は、一度立ち止まって

我思う、ゆえに我在りと自分の今ある姿を客観的に捉え

自分自身を見つめ直してみたらどうだろうか。

 

そして、無の状態でインパクト音に耳を傾け、グリップに伝わる感触を大事に

クラブとボールに向き合ってみたらどうだろうか。

このエントリーをはてなブックマークに追加