ゴルフ哲学

ゴルフ上達方法は、沢山ボールを打つ事ではありません。人が行うゴルフスイング動作は特別な動作ではなく、issueを特定し、知覚と意識に目を向ける事が上達には欠かせません。

このエントリーをはてなブックマークに追加

You can take a horse to the water, but you can’t make him drink.

ルフレッスンを希望する方に対して思うことは、何を求めてレッスンを受けようと思ったのか。まずこの事を考える。 

初心者の方の目的は、曖昧なことが多い。

経験者の方は、目的がはっきりしている方が多い。 

本人に自覚症状があって、目的意識がはっきりしていれば、目標の設定も立てやすく、教える側も取り組みやすい。

 医師ほど高尚な職業ではないが、ゴルフレッスンも現状を把握して、適切な処置(アドバイス)をして、症状を緩和し、安心していただける事に喜びを感じる。

こんな記事を読んだ。

アンケート調査の企画で、現役の医師に「自分が風邪を引いたら、どの風邪薬を飲むか」と質問した所、全員が「どれも飲まない、そもそも風邪薬を飲まない」と答えたらしい。

 

では、我々が風邪を引いて病院で診てもらえば何も言わない限り薬を処方される。

なぜなのか?

 

医師は答える

「薬を出さないと患者は納得しない。」  なるほど、確かにそうだ。

 

 ゴルフレッスンでも、ただ「いいですねぇ、問題ないです。」と言えば、苦情となる。

お金を払って、レッスン受けて、納得できる答えがもらえなければいい気はしないだろう。あの人はちゃんと教えてくれないと噂が立つ。

 

合理的な判断なのだろうが、疑問が残る。

薬は副作用が出る可能性が否定できないので、栄養があるものを食べて、

暖かくして寝てれば治ります。

と言えば、納得して安心する人もいるが、そうでない人もいるだろう。

 

表面的な言葉で繕って、その場しのぎで納得させて満足して帰ってもらうことはある程度経験してれば出来てしまう。

 

 

馬を水辺に連れて行くことは出来ても、水を飲ませることは出来ない。

イギリスの諺である。

 

表面的な言葉ではなく、感覚で覚えてほしい、感覚で覚えるには自らやってみて納得するしかない。

何も言わないという事は、間違った解釈をしてしまわないようにという配慮と順調に事が進んでいるという証である。

このエントリーをはてなブックマークに追加