ゴルフ哲学

ゴルフ上達方法は、沢山ボールを打つ事ではありません。人が行うゴルフスイング動作は特別な動作ではなく、issueを特定し、知覚と意識に目を向ける事が上達には欠かせません。

このエントリーをはてなブックマークに追加

人々は理解できぬことを低く見積もる。

感覚は言葉で表現し、相手に伝える事が難しい。

幼少の頃よりひたすらボールを打ち続ける事で、技術を習得したプロフェッショナルゴルファーの多くは、自分の技術を伝える事に適していない。

常日頃、スイング動作を言葉に置き換える必要もないし、誰かに伝えようと考えてスイング動作をしていない。考えながらスイング動作をすれば感覚を失う事になりかねない。

動作を覚え始めたのが同時期で、技術習得段階が同レベルの人同士であれば、感覚を理解する事が出来る可能性はある。

経験した事のない人に、その感覚を伝える事は至難である。

ゴルフに限らず、インストラクターなど人に教える事を職業としている人であれば、指導マニュアル的なものがあったとしても、自分が伝えたい事の真意がなかなか伝わらず、日々どの様に伝えれば理解してもらえるのか幾度となく考えるであろう。

まっさらな気持ちの初心者の方は、確立された理論である程度までは、誰でも上達する。

一通りの理論を頭に入れて、コースも何度か経験した方は、自身の感覚も身に付けているので、他人の感覚はなかなか伝わらない。

現状を把握してもらうには、映像やデーターなどで納得してもらうのが一番手っ取り早い。

しかし、人は誰でも自分が想像していた事より悪い結果は、素直に受け入れる事が出来ない。

そんな筈はない、自分にはその動きは無理、向いていないと考えれば、変える事は出来ない。

理論で教える場合、相手が出来る出来ないはあまり関係がない。

理論から外れた動きであれば、結果として間違っている訳だから、理論に沿った動きに近づけなければ、ダメですよとなってしまう。

 これが、一般ゴルファーへのレッスン現場の現状ではないだろうか。

 

では、ツアープロがコーチを付けるメリットはどこにあるのだろう。

 

丸山茂樹プロが、USPGAツアーに参戦した後、ツアーコーチの内藤雄士氏と契約した理由を、自分のスイングの理論的裏付けを説明してくれるからと言っていた。

感覚から結果を導き出し、結果から感覚を再認識する。

感覚と違う結果が出れば、迷う。迷えばスランプに陥ってしまう。

それには、第3者から理論的な裏付けを聞き、常にチェックしてもらえば安心する。

多くのツアープロが、スイングコーチを付ける理由も同じと思う。

ツアープロとスイングコーチの関係は奇妙である。

スイングコーチの殆どは、ツアーでの実績はなく、ツアーへの出場経験すらない人達である。

教える側が、技術的に劣っているのに指導している訳だから不思議だ。

だから、感覚的な事など言っても共有できない。

 

PGAツアーの最先端は、データ分析の専門家が膨大なデータを分析し、被験者の選手が強化すべき所を指摘し、ツアーで勝てる様に導くと言う。

分析者は、ゴルフの専門家ではない、データ分析のプロだ。

 

ゴルフ データ革命

ゴルフ データ革命

 

 タイガー・ウッズ選手の元コーチ、ショーン・フォーリー氏の書いた序文の内容は、多くの指導者に見られる指導者視点で捉えている事が良く解る。

 

今や多くの選手やスイングコーチが活用するのが、数年前から話題となっているトラックマンだ。

f:id:taku5155:20160418021615j:plain

 軽量、持ち運び可能なデバイスで、ビデオカメラなどと接続して様々なデータが検出されスイング解析を容易にした。

多くのツアープロ、スイングコーチが採用している。

価格的に一般ゴルファーが手に出来る価格とは思えないが、トラックマンを取り入れているレッスンスタジオもあるだろう。

スイング映像を見て、レッスンを行う事が当たり前となった時代、そこに数値として様々なデータが結果として瞬時に出され、そこに既定の理論と照らし合わせ裏付け作業が行われる。

曖昧な感覚ではなく、数値と映像がスイングをどの様にして構築していけばいいのか教えてくれるとても便利な時代である、

ツアープロは、自分の感覚を身に付けている。

コーチのアドバイスやデバイスから出てる映像、数値を咀嚼して自分の感覚を洗い直す。

 

では、感覚が正しいのか、間違っているのか曖昧な一般ゴルファーはどうすればいいのだろう。

自分の感覚をコーチに説明しても、コーチには理解してもらえない。

コーチから正解と不正解の理論的な説明をされると、見た目で判断出来る事であれば理解できる。しかし、見た目はしょせん見た目で上達する為の本質ではない。

コーチは感覚的な事を説明したいのだが、理解されないと困るので安易な理論に終始する。

一般ゴルファーは、感覚的な事が理解出来ないから、映像に映った自分のスイングとクラブの動きだけを見て理論と照らし合わせて理解しようと励む。

 

ゲーテは言った。

『人々は理解できぬことを低く見積もる。』

 

人は今の段階で理解できない事が、後々重要であった事と気付く。

 

日経新聞でゴルフライターの安藤氏が、レッスンについての記事を掲載していた。

www.nikkei.com

的を得てるし、フランス人ではあり得ない。

このエントリーをはてなブックマークに追加