読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゴルフ哲学

ゴルフ上達方法は、沢山ボールを打つ事ではありません。人が行うゴルフスイング動作は特別な動作ではなく、issueを特定し、知覚と意識に目を向ける事が上達には欠かせません。

このエントリーをはてなブックマークに追加

人を不安にするものは、事柄そのものではなく、むしろそれに関する人の考えである。

優れたスイングコーチやインストラクターは、ゴルファーがボールを打つ前に数箇所確認すれば、対象ゴルファーがどれくらいのハンディキャップなのか、概ね判断出来てしまう。

見る所は、ルーティンとグリップ、クラブフェイスの打点位置。

 ゴルフの目的は、ゴルフクラブを使って、ゴルフボールを打つ事であった。

ゴルフコースでプレーする事となれば、目標に対して打つ事が、目的に加わる。

ゴルフコースでのプレーを容易にする方法とは、何であろうか。

狙った目標に対して、誤差が小さく打てることに他ならない。

では、誤差の大小は、どこから生じるのであろうか。

最初に考えるべき事は、スイング動作ではなく、道具の動きであり、飛球の誤差に対して、道具が如何なる影響を及ぼすのか、検証しなくてはならない。

飛球の誤差が生じる事となる、ゴルフクラブの動きを見る場合は、スイングプレーン(クラブプレーン)、クラブヘッド軌道、クラブフェイス角度が一般的な見解だろう。

 一般的なレッスン書やゴルフ雑誌などでは、身体や腕の動きを主体として、クラブの動きの良し悪しを照らし合わせ、解説している場合が殆どだ。

残念ながら身体の動き、腕の動きだけにフォーカスして、部分的に変えても解決はしない。

スイング動作は変えるのではなく、結果として変わるのであって、スイング動作を変える事だけを目的としてしまえば、上達は望めない。

 

そこで憂慮すべきは、スイング動作とクラブの動きは、プレーヤー自身がゴルフコースでのプレー中に、確認できない事である。

間違っても、プレーを共にしているゴルファーの意見など聞いたらダメだ。

 

人は見えない事に対して、疑問と恐怖が先立つ。

曖昧な気持ちと、不安や恐怖が支配すれば、いい結果など望める訳がない。

多くのゴルファーが、ゴルフコースで思う様なプレーが出来ずに終わってしまうのは、突発的な出来事が引き金となり、確信を持てずに迷いの中でプレーしなければならないからだ。

上級者は、突発的な出来事に遭遇して、そのホールでスコアを崩したとしても、立ち直る術を身に付けている。メンタルが強いからなどではなく、理解しているかしていないかの違いだけだ。

 

上達のサイクルは、仮説検証が繰り返し行える事だった。

確認する事が出来ないという事は、仮説➡検証が、その場で直ぐに出来ない事である。

仮説➡検証は、時間が経てば、曖昧となり、効果が期待できない。

練習レンジでビデオ撮影をして、スイングチェックをしても、ゴルフコースでは確認する事が出来ない。日頃の練習で、スイング確認をする習慣があると、突発的な出来事に対処出来ない。

ツアープロや競技ゴルファーが一番恐れる事は、逆球が出る事だ。

逆球とは、フックをイメージして打った飛球が、スライスする事。

人は、意図しない結果に対して、動揺してしまう。

心が落ち着けば、疑問が生まれ、意図しない結果が続けば、不安に襲われ、焦りから立ち直る切っ掛けを見失い、やがて失望する事となる。

 

カール・ヒルティは言った。

『人を不安にするものは、事柄そのものではなく、むしろそれに関する人の考えである。』

 

子供の頃から、ゴルフをする環境に恵まれたゴルファーならば、欲から始まり、無意識に感覚となり、突発的な出来事に対して、直感が働く。

大人になり、何か新たな事に取り組む場合は、欲から始まっても、思考する習慣が身に付いているから、何か理論的な裏付けが必要となる。

 

直感が働く場合、瞬間的な事に対して、身体が反応する。

なぜ、突発的な出来事が起きたのか?!目に見える事象で確認しなくても理解できる。

 

一方で、理論的な裏付けが必要な大人は、突発的な出来事に対して、一瞬何が起こったのか理解出来ずに、ただ動揺してしまう。

目の前で起きている事の、原因がはっきりすれば、不安に襲われずに、受け入れる事が出来る。

その場で対処出来なくてもいい、確信が持てる事が大事だ。

目に見える事象と目に見えない何かと、どちらが確信が持てるか?!答えは明らかである。

このエントリーをはてなブックマークに追加