読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゴルフ哲学

ゴルフ上達方法は、沢山ボールを打つ事ではありません。人が行うゴルフスイング動作は特別な動作ではなく、issueを特定し、知覚と意識に目を向ける事が上達には欠かせません。

このエントリーをはてなブックマークに追加

道具は、頭で思ったことが手に伝わって道具が肉体の一部のようになるということや。

ルーティンは、Pre shot(打つ前)だけでなく、Recovery(取り戻す事)にも有用な事が解った。

ルーティンと言えば、本番前動作に注目しがちだが、安定した精神状態を保つには、ミスした後の回復力がカギとなるであろう。

癖の延長線とも考えられる本番前動作は、動作の中で無意識にいつも必ず行っている動作があるのか意識を向ける必要がある。

又、第3者に指摘される場合もあるし、動画撮影によって気付く場合もある。

無意識にいつも行っている動作があれば、その動作を意識的に行い心の状態を観察する。

毎回その動作を行う事でいい結果が出ていればいいが、悪い結果であれば変える必要がある。

人の心が乱されるのは、予期せぬ出来事であったり、想定範囲を超えてしまった場合である。

予期せぬ出来事は、致し方ないとして、何事も事が順調に行く事などあり得ないので、日頃から起こり得る現象を把握しておく必要がある。 

ミスをしたことに対して、どのように考える事が出来るのか。

ミスをすることに対する恐怖心、羞恥心があれば良いパフォーマンスは望めない。

結果に対する原因が解らなければ、常に不安が付きまとう事になる。

ミスは必ず起こる事を前提として考え、ミスの原因が目で見て確認する事ができ、見た結果に対してその場で対処できなくても、原因がはっきりした事で心が素早く安定する事。

今は仕方がないと思って、気持ちを切り替え戦略的に考えられる事。

 この流れを、ルーティンとして意識すれば、リカバリーは容易になるのではないか。

 

ミスの原因を目で見て確認できる方法と言えば、打点位置である。

打った後に毎回、打点位置を見る事で結果に対するファクターが理解出来るようになる。

それには、クラブの特性に即した打点位置がある事を知る必要がある。

 

クラブフェイスには、スイートスポットがありスイートスポットでボールを捉える事がクラブの特性を生かし、最大飛距離を可能とする。

勿論間違いではないが、それは毎回1ミリたりとも誤差なくスイートスポットでボールが打てるスイングロボットで、違いを感じる必要がない場合。

人はロボットと違い、肉体的精神的に常に安定している訳ではない。

毎ショット確実に同じ場所でボールを捉える事は不可能で、不確実で不可能な事に心血を注ぐより、打点位置の違いがどのようにして結果に反映されるかを知ればいい。

 

人は違いを感じ取り、意図した飛球が打てた事に喜びを感じ、道具を知り最適な道具に巡り会う事を願う、それもゴルフの愉しみである。

 

クラブによって最適な打点位置がある事は、クラブヘッドの打撃角度と関係性が深い。

打撃角度は3種類で、ドライバー、フェアウェイウッド、アイアンでそれぞれ異なる打撃角度が最適とされる。

打点位置も同じで、それぞれに最適な異なる位置があると考えればいい。

ドライバーの目的は、出来るだけ遠くにボールを飛ばす事。

この目的は、クラブヘッドの素材やシャフトの性能が変わっても不変だ。

ドライバーがクラブの中でボールを飛ばす事に特化している事は、クラブの進化と共に顕著となり、メーカーはゴルファーの要望に応える飛びを追求している。

飛距離=ヘッドスピードになるが、もう1つ重要なのが打点位置である。

打点位置によって、飛距離差が出る。

ドライバーの場合、打点位置の違いで15~20ヤードは差が出るだろう。

場合によっては、50ヤード差が出ても不思議ではない。

プレーヤーはヘッドスピードを変えることなく打っているつもりでも、打点位置がある方向に一定範囲以上ズレることで距離をロスする。

クラブフェイスのセンターからボール1個分ズレてしまえば、距離のロスは大きい。

ドライバーに於けるある方向とは、ヒール寄りにズレてインパクトした場合である。

ドライバーの場合は、トゥ寄りにボール1個分ズレるのは許容範囲だろう。

ボール半個分(約2㎝)ヒール寄りならば、それほど大きく飛距離ロスはないが、1個分以上ズレてしまえば、飛距離のロスは最大となる。

 

ここで何が見えてくるだろうか。

クラブフェイスのセンターよりヒール寄りでボールを捉えると、なぜ飛距離をロスして、どんな飛球になるのかを考える必要がある。

ドライバーはクラブの中で重心距離が一番長い、重心距離とはシャフトの中心軸からスウィートスポットまでの距離で、長いほどクラブヘッドが回転しにくくなる。

ドライバーのヘッド体積400㏄以上が主流となり、重心距離とセットで考えられるのが、慣性モーメントである。

ドライバーは打点位置によって、ヘッド左右慣性モーメントの働きが大きく変わる。

重心距離が長くなれば(トゥ側)慣性モーメントが大きくなり、重心距離が短くなれば(ヒール側)慣性モーメントが小さくなる。

ここで何が解るのかと言えば、慣性モーメントが大きいという事は、ボールが当たった時の衝撃に対してクラブヘッドのブレが小さく、慣性モーメントが小さいとブレが大きくなるという事。

このブレの大小によってエネルギーロスの大小が生じるのである。

ドライバーでボールを打った時、ヒールで捉えると手に鈍い感覚が残るのはこの現象である。

慣性モーメントの大小は、クラブの操作性にも関係する。

慣性モーメントが大きければ、操作性があまりなく小さければ操作性に優れている。

よって飛球を左右に曲げる事でコースマネージメントしてきたゴルファーは、体積400㏄以下のヘッドを好む傾向がある。

クラブフェイスのヒールでインパクトすると、飛球はスライス回転がかかる事は周知の事実。

慣性モーメントの働きを考えれば、理解できるだろう。

インパクトの衝撃に対するヘッドのブレが大きいフェイスのヒールでヒットすれば、当たり負けしてクラブフェイスは大きく開く事となってしまう。

クラブフェイスをクローズに構えたり、インパクト前後で手を使って閉じても効果はない。

 

現在主流となっている460㏄クラスのドライバーを使用したら、小さいヘッドのドライバーに戻すことは困難である。

視覚意識の関係から、小さいヘッドのドライバーは安心感に欠けてしまう。

飛距離を求めるには、慣性モーメントを利用しなければならない。

クラブヘッドが回転しにくい慣性モーメントの大きいドライバーで、ブレの少ないトゥ寄りで捉え、ギヤ効果を利用する事で最大飛距離を可能にする。

 

伝説の宮大工 西岡常一氏は言った。

『道具は、頭で思ったことが手に伝わって道具が肉体の一部のようになることや。』

 西岡氏は、法隆寺の宮大工棟梁として祖父、父の跡を継いだ。

最後の宮大工、鬼と言われドキュメンタリー映画にもなった人物。


映画『鬼に訊け 宮大工 西岡常一の遺言』予告編

2000年に放送されたプロジェクトXでは、道具に対する厳しい姿勢が伝わる。


(1)日本伝統の技と知識 誇り Tradition of Technique and Mind

タイトルのセリフは、著書『木に学べ 法隆寺薬師寺の美』の中の一節。

 

木に学べ―法隆寺・薬師寺の美 (小学館文庫)

木に学べ―法隆寺・薬師寺の美 (小学館文庫)

 

 

ゴルフでも、道具がないと何もできない。

道具を知る事で、イメージができ、手に伝わる感覚は動きその物を司る。

このエントリーをはてなブックマークに追加