読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゴルフ哲学

ゴルフ上達方法は、沢山ボールを打つ事ではありません。人が行うゴルフスイング動作は特別な動作ではなく、issueを特定し、知覚と意識に目を向ける事が上達には欠かせません。

このエントリーをはてなブックマークに追加

動作のほうは意思によって直接に統制することができるが、感情はそうはできない。

意識と動作

ゴルフルールは、ゲームの連続性が途切れてしまった場面に直面した時、ゲームを円滑に進める為の重要な役割がある。

ゴルファーは、ルールを細部まで記憶する必要はなく、頻度が高くなる措置の仕方を覚え、ゴルフコースには必ずルールブックを携帯すれば困らない。

ルールブックを開けば、措置の仕方が記載されているので、同伴競技者と協議し、ルールに従い措置すれば、ゲームをスムーズに進行する事が可能である。

又、同伴競技者と解釈が異なった場合でも、その場では2通りの措置を行い、プレー後に再度、協議、検討しお互い同意した措置のスコアを採択すればいい。

ルール以外で、コース上にて突発的な出来事に遭遇した場合、ルールブックの様な世界共通のアイテムは存在しないので、落ち着いて対処することは難しい。

私事ではあるが、ルール上のトラブルではなく、競技中に何度打ってもOBを繰り返し、これ以上のプレー続行は、同伴競技者の迷惑になると考え、途中棄権した事がある。

 

ショットを打った後の感覚は、手に残る。

感覚は手に残るが、いずれ消えてなくなる。

ナイスショットの感覚を、忘れない様にと思う気持ちは理解出来るが、感覚を再現することは困難で、感覚は曖昧だから持続することが出来ない。

ゴルフゲームは、特性の違うクラブを使い分けて、ゲームを進行する必要がある。

クラブによって特性の違うことが理解できれば、クラブによって意識を変える必要があると気付くようになるが、感覚も変わることを理解する必要がある。

通常、ゴルフコースでのプレーは、ティーショットでドライバーを使用する頻度が高くなる。

しかし、セカンドショットでドライバーを使う確率は、かなり低い筈である。

ショット後の感覚は、いずれは消えるが、ティーショットからセカンドショットまでの短い時間には、恐らく消える事はない。

ドライバーで打ったショットの感覚を残したまま、違うクラブを選択し、ティグラウンドとは違う状況の中、ドライバーショットのイメージで臨めば、ゲームの連続性を維持するのは困難となる。

では、感覚はどこから、どのようにして伝わり認識するのだろうか。

ゴルフクラブとゴルファーとの接点は、手しかないので手から伝わるとしか考えられない。

ショット後の感覚であれば、インパクトの際に受ける、ボールとクラブヘッドの接触による慣性モーメントの働きによるクラブヘッドの振動であろう。

そして、その振動の大小は、打点位置によって決定される。

スィートスポットを大きく外した場合は、手に伝わる振動も大きくなり、その感覚が手に残る時間も長くなると考えられる。

また、インパクトの際に発生する音によっても、感覚が呼び起される場合がある。

スイング動作全般(プレショットも含む)に於いて 、感覚を必要とする瞬間と必要としない瞬間、意識すると結果に悪い影響及ぼす部分がある。

そして、飛球結果がイメージ通りか、まったく想定外の結果が出るのかは、1秒で決まる。

 

先ず、集中力の概念から考えると、集中力は外部要因に大きく影響される。

集中力に影響を及ぼす感覚は、聴覚である。

精神が安定していない状態であれば、プレーが始まる前から影響を及ぼす事となる。

集中した状態で、動作を始めたとしても、動作途中で大きな音がすれば、集中した状態を最後まで保つのは、困難であろう。

外部要因以外で、感覚が呼び起される瞬間は、プレショットルーティンの段階である。

クラブのグリップを握った瞬間に、良いイメージが涌くのか、違和感を覚えるのか。

スイング動作途中の音に関しては、ゴルファー自身がコントロール出来ないので致し方がないとして、スイング動作全般の中で、聴覚と触覚を意識的に必要とする部分の多くは、プレショットの段階であり、ゴルファー自身がコントロール出来る。

又、プレショットの段階で、飛球結果は決まると言っても決して言い過ぎではない。

プロフェッショナルゴルファーの言う、メンタルで決まるは、この段階で決まると同意である。

プレショットルーティンの次に感覚を意識する段階は、インパクトである。

インパクトの段階でも、プレショットの段階と同じく、聴覚と触覚が意識される。

最後は、フィニッシュの段階である。

フィニッシュの段階では、バランス感覚を意識する必要がある。

バランス感覚は耳の中にある三半規管が影響されると言われるが、ゴルフ動作では姿勢と目線が大きく左右することになる。

聴覚や触覚とは、少し感覚の種類が違うと思われるかもしれないが、バランス感覚は姿勢と目線を意識することで全く違う結果となり、ゴルファー自身がコントロール出来る。

以上の事から、感覚を意識する部分は、プレショットの段階、インパクトの段階、フィニッシュの段階になり、それ以外の段階で感覚を意識しようとしても、ゴルファー自身はコントロールが難しく、意識させられれば、良い結果とはならない。

過去に遡っても、現時点に於いても多くのゴルフレッスン理論では、スイング動作を細分化して、切り返し段階(トップ)、インパクト、ハーフウェイ段階などスイング動作の過程を、静止した状態として形を真似る方法が散見される。

 

ハーバード大学教授で心理学者のウィリアム・ジェームズ氏は『動作は感情に従って起こるように見えるが、実際は、動作と感情は並行するものなのである。動作のほうは意思によって直接に統制することができるが、感情はそうはできない。ところが、感情は、動作を調整することによって、間接に調整することができる。』と動作と感情の関係を説明している。

 

動作と感覚は、並行して伝わるが、意識と動作の間にはタイムラグが発生する。

スイングの切り返し部分で何か意識しても、インパクトには間に合わない。

又、切り返し部分で、感覚が発生しない様に動作で調整することが出来る。 

このエントリーをはてなブックマークに追加