読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゴルフ哲学

ゴルフ上達方法は、沢山ボールを打つ事ではありません。人が行うゴルフスイング動作は特別な動作ではなく、issueを特定し、知覚と意識に目を向ける事が上達には欠かせません。

このエントリーをはてなブックマークに追加

目に見えるものだけに囚われてはならない。

平行と垂直

体幹動作を速くしても、クラブヘッドスピードは速くならない。

ボールに対して、クラブヘッドを強く当てても飛距離は出ない。

体幹の動きに合わせて、腕の関節を、どの段階でどのように使うのか理解すれば、クラブにあった適正な打撃角度と、リリースのタイミングを身に付けられる。

ゴルフスイング動作は、プレスイングと初動によって、その後の動作が単純となるか、複雑となるかが決まる。

バックスイング以降の動作では、ゴルファーが意識的にコントロール出来る部分は少なく、打撃角度のイメージとスイング動作中のバランス、目線、フィニッシュまでのクラブの納め方をなんとなく意識出来るぐらいであろう。

プレスイングの段階は、動作より形が重要となる。

見た目の形だけではなく、打撃角度を決定づける両腕の形と、両腕の形が決めるボールとの距離が一定となるように、裏付けられたルーティン化である。

プレスイングの構えは、通常体幹を重視して語られる。

構えた時の肩や腰、スタンスのラインがターゲットラインに対して、平行になっていなければ飛球精度が落ちて、飛球結果に左右される。

身体の向きが正しくなければ、ヘッド軌道が正しくてもゴルファーは勘違いして修正することになり、変な癖がついてしまう。

間違いではないが、あまりにも神経質にスクエアな構えに拘るのは、弊害が生じる。

 

ゴルフゲームは、ターゲットゲームの一種であると考えられる。

ターゲットゲームは、目標が設定されていて、その目標に対して何らかの方法で、対象物を目標により近付けることを目的としたゲームである。

弓道、射撃、ダーツ、投擲競技やボーリング、ビリヤードも該当するであろう。

 目標が明確で、対象物を目標に投げたり、打つ事でより目標に近けることで目的が達成される。

それは、全てのターゲットゲームで共通する目的となるが、構えの段階で、ゴルフの場合は他の競技と明らかに違う点があり、その違いがゴルフを難しくしている。

人は、目視によって目標との距離を測る。

そして、構えた時だけでなく、動作中に於いても目線のどこかで、目標を捉えていれば、より正確に対象物を目標に届かせられるが、目標が目視上になければ、プレーヤーは不安になる。

この不安要素を取り除く術を身につけなければ、確信をもって動作に入ることが出来ない。

ゴルフの場合、対象物であるゴルフボールは、ボール自身が意志を持つことなく、地面で佇む。

ターゲットゲームであれば、常に目視上に目標があり、ボールのような対象物と目標を交互に見る場合が、普通である。

又、目線や顔の向きだけではなく、身体全体が目標に正対しているのが、一番精度が高い。

目標に対して、平行の状態から角度が付くほどに、精度が低くなると考えられる。

ゴルフの場合はどうだろう、構えの段階では、対象物のボールに対して正対するが、目標に対しては、横向き(直角)に構え、目標を確認するには、顔を上げて見なければならず、ボールと目標を一緒に見ることは出来ない。

スイング動作中は、ボールにインパクトするまでボールを見続けているので、目標は見れない。

これでは、誰がどう考えても目標を意識することは難しいではないか。

このような場合、やはり何か基準を設ける必要がある。

多くのゴルファーは、自分自身の体幹を基準にしてしまう。

体幹が基準となれば、ボールに対して正対して構えることは出来ても、目標に正しく構えるのは困難で、目標に対して、基準となる身体のどこかを設定することも困難である。

ゴルフ動作は、ゴルフクラブありきと考えれば、ゴルフクラブを中心として基準を作るのが自然ではないだろうか。

構えの段階で、グリップエンドの位置は、すべてのクラブで左足の股関節中央(右利きの場合)となり、クラブの3種類の角度に照らし合わせれば、基準を作ることは可能である。

スイング動作は連続性がないと、途中で動きが止まることとなる。

構えの段階で、ボールに対して正対することでボールを打つ意識が強くなり、フィニッシュで目標に対して正対する意識がなければ、インパクトまでで動きは完結してしまう。

 

Jesus Christの言葉

『目に見えるものだけに囚われてはならない。』

常に次の動作をイメージすることによって、動作の連続性が保たれる。

 

スイング動作を完結させて、ボールが思い通りに飛ぶ姿をイメージができ、フィニッシュまでバランスよく振り切り、クラブの納まりまで思い描けているだろうか。

これをクラブ別(ドライバー、フェアウェイウッド、アイアン)に思い描けるかどうかは、ゴルフコースでのプレーぶりに強い影響を及ぼす。

ゴルフコースで見かける多くのゴルファーは、自分が打ったボールの行方を追えない、ボールをクラブヘッドに当てて終わり、フィニッシュまでバランスよく振り抜けないゴルファーである。

練習不足や自信の無さの表れでもあるが、日頃の練習意識で改善する余地はある。

 

打撃角度はクラブのカテゴリーで違うが、構えも違う。

構えを変えることで、打撃角度が変わり、それをイメージすれば、ボールだけを見るような視野の狭いイメージではなく、もっと立体的なイメージが広がる。

 更に、ロフト角度を意識すれば、構えた時に左右の肩の高さが変わり、打撃角度に対する意識を高めることとなり、クラブによるスイングイメージが変わる。

このエントリーをはてなブックマークに追加