読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゴルフ哲学

ゴルフ上達方法は、沢山ボールを打つ事ではありません。人が行うゴルフスイング動作は特別な動作ではなく、issueを特定し、知覚と意識に目を向ける事が上達には欠かせません。

このエントリーをはてなブックマークに追加

思考は極端なるものによってのみ進むが、中庸なるものによってのみ存続する。

中間と応用

クラブヘッドをターゲットライン上で、振子運動として動かせば、クラブのロフトはどの様に変化するのが最適だろうか。

パッティングのストロークは、クラブヘッドをターゲットラインに沿って動かすのが、安定したボールの転がりを可能とする。

他のクラブは全て、体幹の動きに伴い、構えた時にクラブヘッドの起点となる位置から徐々にターゲットラインから外れ、弧を描く振子運動となる。

構えた時のクラブヘッドの位置から、グリップエンドを固定して振子運動をさせた場合、クラブヘッドはターゲットライン上を沿った動きとなるが、動き出しから、徐々にロフト角は減少する。

その後折り返し、起点の位置まで戻り、ロフト角は起点の位置を通過後に、増大しながら動く。

スイング動作では、クラブのグリップエンドは固定されていないので、クラブヘッドの動きは、一定した振子運動とは違う。

物理的な動作ではなく、スイング動作でのクラブヘッドの動きをイメージすると、ターゲットライン上から、徐々に外れながらクラブヘッドは上昇し、ロフト角は変化なく動く。

ここでクラブありきの構えを作る事に話を戻して、スイング動作でのクラブヘッドが動くイメージに、打撃角度のイメージを加えると物理的な動きも重要になるのが解る。

打撃角度のイメージであるから、打撃角度には3種類ある事を思い出さなければならない。

ドライバーのクラブヘッドの動きは、クラブヘッドが最下点を経過後にボールにヒットするので、クラブのロフト角度は構えた時の角度より、少し増えた状態でのインパクトをイメージすれば、ドライバーの構えは、他のクラブより目標側の肩(右利きならば左肩)が上がり、反対側の肩(右利きならば右肩)は少し後ろに引くことになる。

単純にアイアンでは、最下点にクラブヘッドが到達する前にボールをヒットすることとなるので、ロフト角度は少し減った状態のインパクトをイメージすると、アイアンの構えでは、目標側の肩は下がり、反対側の肩は、少し前面に出ることとなる。

上記の説明によれば、ドライバーとアイアンでは、構えのイメージと構えを作る動作が正反対となるのが解る筈である。

フェアウェイウッドは、その中間で自然に構えられればベストだが、この構えを習得するにあたり、どのカテゴリーのクラブから覚えるのが合理的なのか。

アイアンで構えを覚えるのか、ドライバーなのか、それともフェアウェイウッドからなのか。

 

私が提唱するべきと考える方法は、クラブによって特性が変わり、その特性を最大限に生かすには、イメージから始まり、構えの段階から明確にクラブによって変えることである。

多くのゴルファーが、結果的に難しい方法を選択し、堂々巡りに陥り、一喜一憂で終わっている。

感覚を失うことを恐れ、練習をしたことに満足感を覚え、認知バイアスにかかり、多くの事、物を消費してしまう。

楽しければいいが、ある領域を超えるには、苦痛が伴う。

 

基準を作り、基準を構築することで、そこに回帰すれば、きっかけを掴むこととなる。 

きっかけを掴む手段を持てば、長く苦痛を味わうことが避けられる。

ゴルフスイング動作に於いて、中間が重要となる。

ゴルフクラブの動きで、飛球結果に一番影響を与えるのは、スイングプレーンとターゲットライン上に描かれるクラブヘッド軌道と思われがちであるが、打撃角度と打点位置が最も影響する。

打撃角度と打点位置を考えれば、フェアウェイウッドが中間だと解る。

 

『思考は極端なるものによってのみ進むが、中庸なるものによってのみ存続する。』

                 ~ポール・ヴァレリー~フランス詩人

極端な思考から、解決方法が見つかり、試行錯誤して、その中間に落ち着くかもしれない。

 

飛球結果を安定させ、クラブの特性を生かしたスイング動作を手に入れるには、先ずはフェアウェイウッドを基準とし、スイング動作を身に付けることをお勧めする。

グラブの動きに合わせた、スイング動作を身に付けるには、中間の動きであるフェアウェイウッドの動きを理解し、その後にドライバー、アイアンに応用すればいい。

 

目標に対して、正対せず横向きに構えるゴルフスイング動作では、ボールに対する意識が、自然と強くなってしまう。

プレスイングからフィニッシュに至るまでの、目線がイメージと意識を創る。

そして、目線が意識に変換され、体幹動作に表れ、その結果として打撃角度となる。

練習場に行かなくても、手軽に打撃角度をイメージするエクササイズを紹介する。


Angle of attack Exercise

映像を見て、動作の違いが判断出来るだろうか。

全体のイメージを捉えることが目的であって、この動作=スイング動作ではない。

ボールを使ったイメージ動作の映像部分では、アイアン➡フェアウェイウッド➡ドライバーの順となるが、お解り頂けるだろうか。

方向性を考えた場合、腕は横方向に使わず、両腕が動作中に同じ長さを保てば、正確性は増すこととなる。

打撃角度の違いは、目標に飛んでいくボールの高さをイメージすれば、目線が変わり、それによって動作に反映されるのと、クラブによってイメージを変えるのは、バックスイングよりフォワードスイングという点である。

打ち出されるボールの高さをイメージすれば、目標に対する意識が強くなり、フォワードスイング全体を意識すれば、打撃角度に対するイメージも出来るようになる。

このエントリーをはてなブックマークに追加