ゴルフ哲学

ゴルフ上達方法は、沢山ボールを打つ事ではありません。人が行うゴルフスイング動作は特別な動作ではなく、issueを特定し、知覚と意識に目を向ける事が上達には欠かせません。

このエントリーをはてなブックマークに追加

腕はできるだけ後ろに長く保て。

ロングゲームとショートゲーム

飛距離とは対極にあるのが、方向性で、方向性はスコアを良くするための重要なファクターと考え、飛距離を諦めてしまうゴルファーは多いかもしれない。

ドライバーの飛距離が出ないから、アプローチやパッティングの技術に磨きをかける。

ドライバーの飛距離UPに費やす時間をアプローチやパッティングに当てれば、その効果としてスコアUPには繋がるであろう。

ゴルフの魅力は、どの球技よりもボールを遠くに飛ばせることで、どんなゴルファーでも、ゴルフのし始めは、ボールが遠くに飛ぶことに魅了され、飛距離を追求する。

やがて、コースでのプレーを経験して、飛距離よりスコアを良くすることに意識が向かって、ショートゲームが肝要であることに気付く。

 ショートゲームを多く練習に取り入れれば、ドライバーのスイング動作とウエッジ、パターを使った動作では、動きが違うと感じるようになる筈である。

飛距離は、クラブヘッドが描く軌跡となるスイングアークが大きければ得られると考えがちであるが、ドライバーだからと言って、動作を大きくしてしまえば、反対に飛距離は出なくなる。

ティグラウンドでフルスイングをしてから、その後グリーンに近付けば、ゴルファーの飛距離能力と使用するクラブによってどこかの地点からコントロールスイングする必要がある。

逆に、コントロールスイングをした後で、フルスイングする必要があるのがゴルフである。

ゴルフ場でのプレーでは、この切り替えがスムーズにいかなければ終始不安定となる。

通常のレッスンでは、3段階ぐらいにスイング幅を決めてコントロールスイングを説明する。

スイング幅が変化することで、距離を打ち分けるわけだが、スイングの大きさに意識が囚われて、目的がスイング動作をコントロールすることとなって、本来の目的である距離をコントロールすることが、二の次となってしまう。

練習場でどれだけ正確に動作と距離を一致させても、ゴルフコースではなかなか通用しない。

GPS技術の恩恵で、GPSを搭載したゴルフカートや時計型などの小型デバイス、小型計測器など多くの商品が登場して、瞬時に目標地点までの飛距離が解るようになった。

景色の変わらない練習場での距離感と、ゴルフコースのホールごとに景色が変わる状況での距離感は一致しないので、日頃の練習では、数字をインプットしてから、動作としてアウトプットする。

練習場では、コースでよく遭遇する距離、若しくはコントロールスイングで使うクラブで通常のショットをした場合の、50%となる距離を想定して練習する。

この場合、スイング動作は考えない。

何ヤード打つのかだけに集中して、その目標に対して同じ所に何度でも正確に打てるようになれば、コースでは数字を把握し、数字だけ意識して、数字に反応して動作出来るようにする。

コントロールスイングの失敗は、動作と距離の不一致から生じる迷いが大きい。

これには、経験が大きく左右するが、グリーン周りの距離が短いアプローチやグリーン上のパッティングでは、スイング動作での手首動作が成否のカギを握る。 

 コントロールスイングの失敗は、ダフリ、トップ、シャンクが代表的だろう。

これらのエラーを細かく分析しても、迷いが生じるだけで解決にはなりにくい。

手首の使い方が根本原因であって、その他の要因はそこから派生しているに過ぎない。

あれこれ悩むより、手首の使い方を見直すのが合理的である。

そして、スイング動作中の手首動作はコントロールが困難で、飛球結果の是非を決めるのは、セットアップであり、腕の使い方となる。

 

アイアンのセットアップ方法は、そのままコントロールスイングに応用でき、使用するクラブの最大飛距離を打つ場合の力点がグリップエンドであれば、その50%の距離を打つ場合は、グリップの真ん中を力点とすればいい(グリップの中央で握る)。

ホール(カップ)に近いグリーン周りでのアプローチショットで、腕(手首)とクラブを固定させ体幹の動きだけで打つゴルファーを見掛けるが、動きが固まって不安定な結果を招く。

ホールに近いグリーン周りでも、クラブの動きと腕の動きが少なくなるだけで、スイング動作自体は、なんら変わらない。

どんな状況でも、目的である目標と定めた所に、打つ意識を忘れてはならない。

 では、アイアンのセットアップ方法を動画で説明しよう。

クラブヘッドの動きを振子運動と想定すれば、クラブヘッドが最下点に到達する前に、ボールを捉えるダウンブローが理想となるアイアンでは、打撃角度を決める右腕のセットアップがドライバーとは逆になると考えられる。

アイアンで番手ごとの適正な飛距離を得るには、ドライバーで飛距離を得る方法とは違う。

アイアンで飛距離不足に悩むゴルファーは、ショートアイアンでボールが高く上がり過ぎて、ゴルフコースでは風に影響を受けやすく、ショートすることが多い。

原因は、手首の使い方ではあるが、適正なロフト角でインパクトしていない。

また、ライ角も適正とならないので、打点位置がトゥ寄りになり、アイアンでは飛距離が出ない。

左腕(左手)はロフト角とライ角を決めるので、セットアップの段階で左手首(右利きの場合)親指側を伸ばし、左手小指が力点となる様にクラブを握る必要がある。

右腕(右手)は打撃角度とフェイス角を決めるので、右手首(右利きの場合)甲側に最大限、手関節を折ってフェイス角を決めてクラブを握るようにしなければならない。

そして、アイアンは右手にも力点があり、それは中指と薬指となる。


Iron setup GSMLabo

MLBキャリア通算3053安打で、数々の偉業を達成したロッド・カルー氏は、イチロー選手をバットを操るアーティストと称えた。

『腕はできるだけ後ろに長く保て。』の持論と共に、バットを振るということは、”腕を使う”こと手を出すのは最後とバッティングについて語った。 

クラブを振ることは、正しく腕を使うことで、手は無意識の内に使ってしまうので使うのを我慢して、使う所、使い方を理解できれば、飛球結果として明確に表れるだろう。 

このエントリーをはてなブックマークに追加